スポンサーリンク

今回は僕が旅行の際に愛用しているサンダル、KEENの「ニューポートh2」をご紹介します。水陸両用の万能サンダルで海や川遊びに最適であるばかりか、つま先まで保護される安心感や優れたクッション性で街歩きにもおすすめです!

 

ニューポート

KEENは言わずと知れたアメリカ、カリフォルニアで2003年に誕生したアウトドアブランドです。今では大人気のメーカーとなったKEENですが、KEENを一躍有名にしたのがニューポート。KEENの原点にしてメーカーを代表する革命的サンダルなのです。

 

ニューポートはさまざまは派生タイプがあり、今回ご紹介するニューポートH2やニューポートECO、レトロ...など、自分の用途や趣味に合わせて選ぶことができる他、KEENらしい豊富なカラーバリエーションもあり、選択肢が無数にあることも魅力ですね。

 

スポンサーリンク

ニューポートh2のおすすめポイント

僕は暑い国や地域に行くときに持っていく (履いていく) のはニューポートh2だけです。そんなニューポートh2を愛用する僕が考える、旅行におすすめな理由をまとめます。画像はニューポートh2アマゾン限定モデルです。

 

1.つま先をしっかりガード

つま先にはしっかりプロテクション。

 

途上国のごみごみした街には足元にも危険がいっぱいです。ひょんなことから指先をぶつけて怪我をする、なんてことも。僕もバンコクをビーサンで歩き回っていたら道に空いていた小さな穴に指を引っ掛けて、出血したことがあります。

 

そんなときでも「トゥ・プロテクション」が実装されているニューポートなら大丈夫!ろくに舗装されていないような道でも気にせず歩き回れます。このつま先をガードする、というのはニューポートの一番根底にあるコンセプトです。この安心感を知ったらビーサンには戻れなくなるかも。

 

また川遊びなど、岩がゴツゴツしているところにビーサンで入ってつま先を傷つけてしまう、という経験がある方もいるのではないでしょうか。ニューポートならこうした怪我もなくなります。川に行く予定があるときにはぜひ。

 

2. 水陸両用ウォータプルーフ

すでに川でおすすめ、と書いてしまいましたが、暑い国ではビーチや川で遊んだりしますよね。ビーチに行くならビーサンも持って...といって荷物を増やそうとしているあなた!ニューポートh2一足あれば街もビーチも心配ご無用なのです。

 

ポリエステルのアッパーは軽量で乾きやすい

 

水辺に特化したニューポートh2のアッパーはポリエステルで、濡れてもへっちゃら。またとっても軽いです。もちろん靴底もすべりにくいよう、溝が設計されております。また水に入っても脱げてしまうことがないので、裸足で入るのに抵抗があるような海や川でもガンガン入っていけます

 

水を押し出して滑りを防止する溝の設計

 

この溝がなかなか優秀で、普通のサンダルでは滑りそうで怖い水辺や濡れた路面でもこいつを履いてれば安心感があります。僕は軽いトレッキングみたいなのもこれで行ってしまいます。どろどろになってもガンガン丸洗いできるのも素敵なところですしね。

 

3. クッション性が高く疲れにくい

うすっぺらいビーサンで街歩きをすると疲れますよね。でもニューポートなら安心できます。もちろんかかともしっかりホールドされるので、ビーサンより歩きやすいのは言うまでもありません。加えてEVAを使ったフットベットがとてもクッション性が高く、歩きやすいんです!

 

しっかりした分厚いソール

 

もはやサンダルというよりもスニーカーを履いている感覚です。

 

ニューポートh2のデメリット

万能サンダルのニューポートh2ですが、旅のスタイルによっては向かない場合もあります。そんなニューポートの考慮するべきポイントを挙げてみます。

 

1.サンダルとしては重い

かなりしっかりとしたソールは普通のサンダルよりも圧倒的に重いです。重量は公式で402.6 gです。なので、別の靴を履いて、サブのサンダルとしてニューポートを持っていこうという場合には荷物が増えてしまいます。

 

そのため、トレッキングをする可能性がある人や、長期旅行でどんな場所にいくかわからない人など、メインとなる靴が別に必要で、宿でサンダルがちょっとあるといいかなーという人には向かないと思います。

 

2.汗が気持ち悪くなる

素足で履いていると段々と汗をかいてきますよね。ニューポートh2は水辺に強い性質から、水分が浸透していかないため、汗がたまりちょっと不快だという人もいます。僕はまったく気になりませんが。普通のサンダルでもこれは同じかも知れませんし、スニーカーも裸足で履いたら気持ち悪いし。なのであまり気にしなくていいと個人的には思っています。

 

靴底はこんな感じ。

 

長く歩くときには靴下を履いていくのもいいかもしれません。この靴下を履いても大丈夫なところは心強いです。真冬にはさすがに履きませんが、少し肌寒くなってきても靴下と組み合わせることでおしゃれに履けるところはニューポートにいいところです!

 

靴下を履けばいつでも快適

 

3.海では砂がたまりやすい

水陸両用でビーチもいける!と書きましたが、正直ビーチに行くならビーサンの方がいいかもしれません。ニュポートはつま先が覆われているため砂がたまりやすく、さっと洗って砂を落とす、というビーサンのような手軽さがありません。

 

もちろんしっかり洗えば砂を流せますし、ガンガン洗えるところはニューポートの素晴らしいところです。靴を履いていくことに比べれば遥かにマシです。そりゃそうだ。

 

まとめレビュー

僕はスニーカーを履いていけば充分な旅行は冬期でなければニューポートh2を履いていきます。これならサンダルをサブで持っていく必要もないし、靴を履くより気楽です。軽いトレッキングくらいなら普通のスニーカーより優秀なくらいです。

 

暑い国を歩き回る人や、荷物を減らしたい旅人にはもちろん、軽くトレッキングみたいなこともするかも?という人にはとってもおすすめのサンダルです。ぜひ検討してみてください。僕はamazon限定モデルがセールになっているときに\5,000ほどで購入しました。サイズには限りがありますが、公式やamazonでは度々セールを実施しているのでチェックしてみてください。

 

定価:\14,040

 

スポンサーリンク
おすすめの記事